-

キャッシングといったものをしますと定期的に指定の日にちに銀行口座などから自動の引き落としにて支払いがされていくようになっています。

テレビ等の告知などで現金自動支払機で適時支払が可能であるというように言及されていますが、それは月々の弁済とは別に支払いする際のについてを言及してます。

こういう支払を、繰上弁済と言うのですが残額全ての額についてを終わらせる支払を総額繰上弁済、一部を返済してしまう返済を一部早期弁済と言います。

つまり、一時的収入などによって経済にゆとりというのが存在時は機械からや振込により、一部またはトータルについてを支払いするということが出来るのです。

かつこれ以外にも一括引き落しにはプラスがたくさんあり難点というようなものはまずないのです。

プラスとは別途によって返済することによって、借入全体についてを少なくするというようなことを出来るので支払い期間が少なくなったりするので、利率も低減することができ返済総額そのものを圧縮でき一石二鳥な引き落し手法というわけなのです。

ですが意見しておきたい点はどんなタイミングで早期返済しようかという点です。

クレジットカード会社は支払い期日とは別の〆がというようなものがあったりするのです。

例をあげると月中が〆で次月10日の支払いだと仮定しますと、15日から以降は翌月の利率というものを合計した返済金額に確定してしまいます。

説明しますと、月中以降に早期返済しても次の月の支払い金額が決まってますので、そのスパンで早期弁済した場合であっても翌月分の弁済額に対しては少しも反映というものがないのです。

だから繰上支払いがすぐ作用を与する為には支払い期限の明くる日から次回の締めの来る前までに前倒し支払してしまうことが要求されます。

しかしそのような場合の利子の差引というものはきわめて少額です。

そのくらい気に掛けないという場合には時を構わず自由自在に繰り上げ返済していきましょう。

もっとも少額であっても小さくしようと考える方は、引き落し期日から〆め日までの期間に繰上返済した方がよいでしょう。

Category

リンク