-

「スプレッド」とはFX投資は外貨をトレードして差益を生む投資です。

売り買いの値段は常に変動しています。

これがマーケットです。

インターネットを見ているとニュースが流れる状況があります。

よくあるのが「本日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。

FXには買値と売値の2つの値段があるという事です。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示しているFX業者も存在しています。

普段は売値が安く設定されるものです。

投資家が買値は高く、売値は安くなるはずです。

その差をスプレッドといい取引会社の稼ぎの一部になっています。

スプレッドは業者によって違います。

スプレッドの幅は費用になるので、狭いFX会社をピックアップしたほうが儲けられます。

ただし、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドの差は変化します。

もしも日常的には円とドルのペアでわずか1銭のスプレッドの差だったとしても、相場の変化がとても大きいときには1銭よりも広くなったりする状況があります。

という訳で、スプレッドの広さが狭いのと共に、変化しないということが大切です。

今では動かないスプレッドを示すFX会社もたくさん存在します。

実際にFX会社の取引画面上で実際の市場をチェックしなければ見分けられないので面倒くさいですが、とても大切なことです。

多額の財産を投資してトレードをしますので、売り買いの前に、興味があるFX業者の新しい口座開設を全てして、提示されているスプレッド幅を点検しましょう。

同じ通貨の組合せ、そのタイミングの変動率によって、通貨ペアのスプレッドの狭さは異なることがあります。

通常、銀行間取引市場で流動性の高いペアではスプレッドの広さが小さく、この他の通貨ペアではスプレッドが広がる傾向にあります。

Category

リンク